都内の美味しい回転寿司3選!ネタが新鮮でリーズナブルなのが決め手

お寿司というと高級で敷居が高いイメージがありますが、最近はリーズナブルな値段で美味しく食べられる回転寿司も増えてきて気軽に楽しめるようになりました。
今回は丸の内と六本木、渋谷にある都内でも美味しいと評判の回転寿司をご紹介します。

回転寿司 根室花まる(丸の内・KITTE東京)

生ほたてやサンマ、旬のネタが食べられると人気の回転寿司店がKITTE東京にある「回転寿司 根室花まる」です。根室が本店の回転寿司店が東京に初進出した店舗で、現在は丸の内のKITTE東京の他に銀座東急プラザにも支店があります。
東京では珍しい青ぞいやめふんといった北海道ならではのネタを目当てに訪れる人も多く、開店直後から行列ができることでも有名です。お寿司の他に北海道風唐揚げのざんぎもあり、サイドメニューも充実しています。
席はカウンターとテーブルが選べるので、家族連れにも人気があります。ネタが新鮮なことからリピーターも多いお店です。

ぴんとこな(六本木・六本木ヒルズ)

「ぴんとこな」は2003年の六本木ヒルズオープン時からある回転寿司店で、大ぶりの寿司ネタで有名です。テレビ朝日が近いことから有名人の利用も多く、芸能人を見かけることもあります。
築地直送でネタが新鮮なことから食通と呼ばれる人たちも太鼓判を押しています。握り寿司の他に、太巻きにアボカドをのせたぴんとこなロールやオリジナル寿司も人気です。サイドメニューにはカマ塩焼きや季節の天ぷらもあり、お寿司と一緒に食べたくなること間違いなしです。
店名の「ぴんとこな」とは歌舞伎用語で二枚目という意味があり、店内も歌舞伎をイメージした内装になっています。カウンターは椅子の他に掘りごたつ式の席もあり、寛ぎながら食事ができます。接待や会食でも使えるように、テーブル席や個室も用意されています。

すし台所屋渋谷本店(渋谷・道玄坂)

回転寿司と言えども、安いだけではいけません。ネタも美味しくなければ人気は出ないでしょう。道玄坂にある「すし台所屋渋谷本店」は1貫120円~240円とリーズナブルな値段でありながら、寿司ネタは新鮮なため、コスパよく美味しいお寿司が食べられます。
平日が朝5時、金、土は朝6時と朝方まで営業しているので、もう少し飲みたい時にお酒と一緒にお寿司やお刺身に舌鼓を打つこともできます。また、平日のランチタイムはちらし寿司や海鮮丼といった丼もののシャリ大盛りも無料です。
握りは定番のマグロや甘エビの他に、アオリイカ、スミイカ、スルメイカの3種盛りなどネタの種類も充実しています。お寿司と一緒に食べたいあら汁もお椀いっぱいに入っていて満足度が高い一品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です