知っておきたい!お正月に食べるおせち料理の由来と意味

日本ではお正月におせち料理を食べる習慣がありますが、そもそもおせち料理の由来とはどういったもので何故お正月に食べるのかご存知の方は少ないかもしれません。
ここではおせち料理の代表的なおかずに込められた意味についても併せてご紹介します。

おせち料理の発祥

昔は、元旦などの節目のときに神様に備えるお膳料理のことを御節供(おせちく)と呼んでいました。元旦以外にも五節句の際に御節供を行っていましたが、江戸時代になって御節供は1年の始まりである元旦にのみ行われるようになり、それがおせち料理の始まりだとされています。
家族の円満や無病息災などを願うおせち料理は縁起が良い物でなくてはならないということで、旬の物や山海の幸を豪華に盛り合わせた料理が作られるようになりました。また、一家の主婦がお正月には家事を休めるようにと、保存食をたくさん組み込むようになったようです。

重箱に詰めるのはなぜ?

おせち料理と言えば、何段にも重なる重箱に詰めるのが一般的です。実はおせち料理は大きく5種類の料理に分かれています。一の重が「祝い肴」「口取り」と呼ばれる料理で、黒豆や伊達巻、田作りといったちょっとしたおかず類です。
次に二の重は鯛や鰆や海老などの魚介類のお重で、「焼き物」と言われます。そして、三の重はおなますを初めとする「酢の物」、四の重が「煮物」です。ただし、四の重に関しては「四」ではなく「与」という当て字を書くことが多いです。「四」は不吉な字なので「与の重」と書きます。

それぞれ言うなれば懐石料理のコースのようになっており、種類をまとめて詰めることで匂いも混ざらず、見た目も美しくなって食べやすくなります。
また、お重に詰めるのは福を重ねるという意味が込められており、多くの重箱は4段ですが、1段~5段まで幅広い種類の重箱があるので上手に詰めていくのがポイントです。

縁起の良い料理

おせち料理の伝統的なおかずは全てを合わせると20~30種類もあるとされています。お正月に食べることで縁起が良いとされるおかずが多いのが特徴です。
例えば、ニシンの子である数の子は卵がたくさんあることから子だくさんを願う縁起物となっています。黒豆を甘く煮た料理もおせち料理の代表ですが、黒豆には真っ黒に日焼けするくらいに元気に働けるようにという願いが込められています。
また、黒豆には邪気を払う役割もあります。さらに、栗きんとんはその黄金色から金運を呼び込むと言われ、大根と人参のおなますは紅白の色から水引きをイメージした平和や幸せの象徴とされています。
その他にも、穴が開いているレンコン料理は先の見通しが良いという意味がありますし、出世魚の鰤の料理はその名の通り出世を願う縁起物です。海老は長寿、鯛はめでたい魚であり、左右の貝がぴったりと合致する蛤も夫婦円満の縁起物です。
ひとつひとつに込められた意味を知りながら食べることで、よりいっそう福を呼び込むことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です